【誰でも簡単にできる】車のエアコンフィルターの交換のやり方

エアコンを作動させると嫌な臭いがしてきた経験があると思います。それは、フィルターが汚れているのが原因なので、新品に交換すれば問題が解決します。

また、「花粉・PM2.5・ウイルス」などもブロックしてくれるので、定期的に交換することをオススメします。

エアコンフィルターは誰でも簡単に交換できるので、安心してください。作業にかかる時間は、3分から5分くらいです。

カーエアコンフィルターの交換方法を分かりやすく解説していくので、記事通りにやれば自分で交換できます。

 

業者に頼むと工賃は?

オートバックス・イエローハット・ディーラーなどでも交換してくれますが、千円前後の工賃が発生します。

ほとんどの車は交換するのに特殊な作業はないので、自分で出来ると思います。

エアコンフィルターが車種によって、複雑な取付位置にある場合があります。この場合は仕方がないので、業者に頼むしかないです。

 

カーエアコンフィルターの交換時期は?

気になる交換時期ですが、1年に1度、もしくは1万キロに1度の交換をメーカーは推奨しています。

ですが、汚れていなければ交換する必要がないので、新品を購入する前にどのくらい汚れているか確認したほうがいいです。

確認作業は3分もあればできます。

 

画像じゃ分かりづらいかもしれませんが、ホコリやゴミが詰まっています。このくらい汚れていたら交換すればいいと思います。

 

なぜ、カーエアコンフィルターを交換した方がいいのか?

カーエアコンフィルターを新品に交換すると、以下のようなメリットがあります。

  • 汚れやホコリで目詰まりを起こしてエアコンの効きが弱くなるので、定期的に交換すればエアコンの効きが良くなります
  • カビ・雑菌の繁殖を抑制してくれます
  • 花粉・PM2.5を除去してくれます
  • 脱臭効果があります

 

カーエアコンフィルターの交換方法

スズキのスイフトで交換方法を解説しますが、ほとんどの車種もほぼ同じやり方です。

助手席側のダッシュボード下に「クローブボックス(車検証などを入れるところ)」があると思います。その後ろに、エアコンフィルターがあります。

車の説明書に、エアコンフィルターの場所が記載されているので、場所が分からないときは確認してください。

 

クローブボックスの外し方は簡単で、右のほうに押すと外れます。

車種によっては、ネジやクリップで固定されている場合もあるので、ドライバーなどの工具が必要な場合もあります。

外し方が分からないときは、「あなたの車種、グローブボックス、外し方」でネット検索すれば出てくると思います。

 

赤枠のところに、エアコンフィルターがあるので蓋を外します。

 

蓋を外したら、エアコンフィルターを取り出すだけです。

引っ張れば簡単に取れます。

 

 オートバックスで購入してきました。

購入価格は、3000円でした。

あとから知ったのですが、ネット(アマゾン・楽天)だと2千円くらいなので、ネットで購入すれば良かったです。

 

文字が出ているほうを見えるようにして、差し込んだら蓋をかぶせます。

 

グローブボックスの戻し方は、赤枠のところを、青枠のところにハメ込めば完了です。

 

カーエアコンフィルターの購入方法

カー用品店

オートバックス・イエローハットなどのカー用品店で購入する場合は、車種別品番適合表があるので、自分の乗っている車種の番号を購入します。

分からないときは、店員さんに聞けば教えてくれます。

 

アマゾンで購入

車種別の品番はデンソーの公式サイトで確認できます⇒車種別適合表

 

楽天で購入

車種別の品番はデンソーの公式サイトで確認できます⇒車種別適合表

DENSO(デンソー)カーエアコン用クリーンエアフィルター DCC7009(014535-3070)

価格:1,555円
(2019/5/4 15:29時点)

最後に

カーエアコンフィルターの交換を業者に頼むと工賃が発生するので、お金を節約した人は、自分で交換することをオススメします。

交換作業は誰でも簡単にできるので、安心してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください