キングダムでカッコよく戦死したキャラを独自視点で紹介!

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸です^^

 

週刊ヤングジャンプで連載中の大人気漫画「キングダム」で、カッコよく戦死したキャラを独断と偏見で紹介します!

戦死したキャラはたくさんいますが、その中でもインパクトが強かったキャラだけをまとめています。

 

秦国

王騎(おうき)

趙国最強の「龐煖(ほうけん)」を圧倒していたので倒すかと思っていましたが、李牧軍の援軍で戦況が不利になり、逆に討たれてしまいました。

そして、死に際に信に矛を託したシーンは印象的でしたね。

タイトル継承

 

麃公(ひょうこう)

李牧の「流動」を見破って本陣まで辿り着きましたが、「龐煖(ほうけん)」に討たれました。

その時に、盾を信に託したシーンが印象的でしたね。

タイトル前進

 

張唐(ちょうとう)

成恢軍の毒兵器にやられたため、毒に侵されました。

毒で死ぬのは武将の死に方ではないと、死に場所を戦場に選び「成恢(せいかい)」を討ち戦死しました。

タイトル武将の矜持

 

成蟜(せいきょう)

登場したての「成蟜」は誰がどう見てもクズ野郎でしたね。

ですが、大人になった成蟜は配下からも信頼される人物になり、妻である瑠衣を救助するときに深手を負って死にました。

タイトル剣と盾

 

蔡沢(さいたく)

蔡沢は武人ではないので、戦闘で戦死したわけではないですが、死に方がカッコよかったですね!

死ぬ間際に「斉王」を秦に連れてきて、政との舌戦は胸を打たれるものがありました。

タイトル蔡沢の矜持

 

尾到(びとう)

尾到は信と同じ城戸村出身で、飛信隊結成時のメンバーです。

煖に深手を負わされた信を万極軍から守るために奮闘しますが、その時に受けた矢傷が原因で戦死しました。

タイトル

 

松左(しょうさ)

松左は飛信隊結成時からのメンバーで、仲間からの信頼も厚く「副歩兵長」も任されていましたが、朱海平原で深手を負い、最後は信の腕の中で戦死します。

使用していた愛槍は、干斗に託されました。

タイトル最高の隊

 

魏国

呉慶(ごけい)

麃公軍に攻め込まれましたが、まだ戦力的に有利だったにも関わらず「侵略者に対し退くことは絶対にしない」と一騎討ちをした呉慶は男気がありましたね。
タイトル亡国

 

輪虎(りんこ)

輪虎は廉頗四天王の一人で、山陽の戦いで信に討たれました。

敵役ですが、何か憎めないキャラでしたね。

タイトル天の計らい

 

趙国

紫夏(しか)

闇商人「紫夏」が、後の秦国の王となる「嬴政(えいせい)」を部下でもないのに命がけで守るシーンは泣けますね。
タイトル別離

 

亜門(あもん)

惚れた女を守るために、敵を足止めした亜門は男前ですね。

「紫夏、あばよ」のセリフが最高にカッコよかったです!

タイトル亡霊

 

江彰こうしょう

亜門と同様、惚れた女のために敵を足止めしました。

死に方としては、亜門みたいにカッコよくはないですけど、立派な最後でした。

タイトル訣別

 

キングダムのカッコいいシーンのランキンはこちらに書いています

 

キングダムを読む

DMM.COMを利用すれば、電子コミックで読むことが可能です。

購入もレンタルもでき、レンタルは2週間で1冊80円と他社より安いです。

公式サイトで確認してみる⇒【DMM.com 電子書籍】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください