ダンロップのコンフォートタイヤ「ルマンファイブプラス」を使用した感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

履いていたタイヤが経年劣化により、ひび割れしてきたので、タイヤ交換することにしました。

購入したタイヤは、ダンロップのコンフォートタイヤ「ルマンファイブプラス」です。

2023年2月発売された新しいタイヤです。

ルマンファイブプラスは、ルマンファイブより安全性と快適性を向上させた進化系タイヤです。

 

ルマンファイブプラスの概要

メーカーダンロップ
発売年月2023年2月
転がり抵抗性能AA
ウェットグリップ性能B
特徴低燃費

 

購入金額

タイヤの通販サイト「タイヤフッド」で、ダンロップの「ルマンファイブプラス」を購入しました。

タイヤの取り付けは、オートバックスでしています。

タイヤと一緒に、アルミホイールも購入しています。

 

購入金額は、タイヤ4本で36,940円(税込み)です。

アルミホイールは、4本で39,600円(税込み)です。

セットで、合計76,560円(税込み)でした。

2023年4月1日からタイヤの値上げが開始されます。

上記の価格はタイヤの値段なので、配送料・取付工賃が別途かかります。

 

レビュー

ハンドリング

タイヤを交換する前よりもハンドリングが軽くなりましたね。

ですが、これはタイヤが新品だからかもしれません。

スムーズに加速するようになったのですが、これもタイヤが新品だからかもしれません。

 

静粛性能

ロードノイズが少ないとのことでしたが、正直なところ良く分かりません。

他のタイヤとあまり違いが無いように感じました・・・。

 

乗り心地

クッション性を売りにしているだけあって、ソフトな乗り心地で快適です。

 

ウェット性能

ウェット性能が「B」だけあって、雨の日の濡れた路面でも抜群のグリップ力です。

雨の日でも、安心して乗ることができます。

当たり前ですが、飛ばし過ぎるとスリップすると思います。

 

総評

価格以上の性能があると思うので、購入して正解でした!

 

EC204との比較

ルマンファイブプラスを購入する前に履いていたタイヤが、ダンロップの「EC204」なので比較したいと思います。

  • 静粛性能:あまり違いは感じない
  • 乗り心地:ルマンファイブプラスの方がソフトな乗り心地で快適
  • 燃費:あまり違いを感じない
  • ウェット性能:ルマンファイブプラスの方がグリップ力がある

 

タイヤフッドで購入する

購入方法

タイヤの検索は「メーカー・車種・タイヤサイズ」から、簡単に探すことができます。

購入するタイヤを選び、提携している店舗を指定します。

最後に、取付をする日時を指定して現地に行くだけです。

取扱商品は、ダンロップ以外に「ブリヂストン・ヨコハマ・トーヨー」などの有名メーカーばかりです。

 

提携している店舗

提携している取付協力店は、「ガソリンスタンド・オートバックス・整備工場」なので、自宅の近くで取り付けが可能です。

 

パンク補償

無料で半年間のパンク補償が付いてます。

 

公式サイトでタイヤを探してみる⇒タイヤフッド

支払い方法は、クレジットカード・コンビニ・銀行振込・ペイペイ・代金引換があります。

 

最後に

2023年4月からタイヤの値上げがあるので、上記の金額で買えるのは今月までです。

なので、タイヤ交換を考えている方は今月中に交換することをオススメします。

 

タイヤ交換のついでに、ヘッドライト・ウインナー・テールランプの交換もするのでオートバックスを選びましたが、タイヤ交換だけするのであればガソリンスタンドの方が工賃が安いです。