リンレイのフローリングワックス(all)を使った感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

掃除が趣味の一つです。よく勘違いされますが、潔癖症ではありません。

掃除は1週間に1回しかしないので、普通だと思います。ただの綺麗好きなだけですね。

自分と同じ人がいると思いますが、やりだすと一気にやってしまいたいタイプです。中途半端にやると汚い部分が目立って、気持ち悪くなるんですよね(笑)

今回は、リンレイの「all」というフローリングワックスを使用した感想です。ワックスを塗る前に「床クリーナー」も使用しました。

 

allの特徴

3つの効果

保護効果ワックス膜がキズから守り、キズが付きにくくなる
ツヤ効果目に見えない床の凹凸をワックスが埋めて、光をきれいに反射してピカピカに見えます
お掃除ラクラク効果ワックスを塗ると床にホコリや汚れが付きにくくなるので、水拭きするだけで簡単に汚れが落ちます

 

使えない床

  • 油加工された床(オイルステイン・ロウ仕上げなど)
  • ロウタイプのワックスを使用した床
  • ウルシ等特殊な床
  • 石床

 

製品概要

品名床用ワックス
種類水性(樹脂系)
成分合成樹脂(アクリル樹脂)・水
正味量500ミリ(約30畳分)

1リットル(約60畳分)

4リットル(約240畳分)

 

床クリーナーの特徴

使い方

普段の床掃除に30倍に薄めて使えば、普段の床掃除に。掃除機やドライシートでは取れない皮脂汚れやしつこい黒ズミも、スッキリ落とせます。
ワックスがけの前の床掃除に15~20倍に薄めて使えば、ワックスがけ前の床掃除に。油分や汚れをしっかりと落とすと、ワックスがけもキレイに仕上がります。
古いワックスはがしに原液で使えば、古いワックスはがしができます。

 

使えない床

  • 水がしみこむ床(白木など)
  • 特殊な床(ウルシなど)
  • 他社ワックスを使用した床

 

製品概要

品名住宅用合成洗剤
液性アルカリ性
成分界面活性剤(2%ポリオキシエチレンアルキルエーテル)・溶剤・アルカリ剤

 

all(オール)と床クリーナーを使ってみた感想

コメリ(ホームセンター)で床クリーナーを購入してきました。購入価格は398円です。

ワックスを使う前に、オール床クリーナーでフローリングを拭きました。

 

all(オール)もコメリで購入してきました。購入価格は698円です。

洗車した後に水気を拭き取るマイクロファイバークロスにallを付けて、フローリングを塗りました。

別売りの「オールワックスワイパーEX」を使えば、立ったままワックスがけができるそうです。

 

ワックスがけをする前のフローリングです。

 

ワックスを塗った後のフローリングです。光の当たり方が悪いのか、写真だと分かりづらいですね。

手で床を触ると分かるのですが、ツルツルしています。ツルツルしていると言っても、滑って転ぶほどではないです。

 

玄関のフローリングです。こちらの方がピカピカになっているのが分かりやすいです。使用状況は、築12年の1LDKのマンションです。

さすがに新築とは言いませんが、かなりきれいになったと思います。

500ミリが売っていなかったので、1リットルを買いましたが、かなり余りました。購入を考えてる方は、500ミリで全く問題ないと思います。

 

ネットで購入

アマゾン

 

楽天

リンレイ/リンレイall 500ml

価格:503円
(2019/4/6 12:16時点)

最後に

素手で使用すると、爪がマニュキュアを塗ったみたいにテカテカします。

なので、ゴム手袋やナイロン製の手袋を着けたほうがいいです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください