洗面台の底板に穴が空いたのでリフォーム(修理)をした感想

こんにちは、菊次郎丸です^^

 

仕事で使用する溶剤をペットボトルに詰め替え、洗面台の下に保管していたら、いつの間にかペットボトルに穴が空き液漏れを起こしていました。

その結果、底板に穴が開き見るも無残な姿に・・・。

そこで、洗面台の底板のリフォーム(修理)をコメリに依頼してみました。

同じ様に底板の修理を考えている人は参考にしてください。

 

洗面台の底板の施工前

液漏れの結果、画像のように穴が空いてしまいました。

 

洗面台の底板の施工後

リフォーム(修理)の内容

リフォームをするには、「化粧ベニヤ板で補修」「下台の交換」の2種類あります。

下台の交換は高額になるので、今回は化粧ベニヤ板を底板の上に貼る方法を選択しました。

下台とは、水・お湯が出るところから下の部分のことです。

 

施工費

ベニヤ板での施工費は、20,000円でした。

下台の交換は、54,000円と言われました。

 

施工後の外観

底板をリフォーム(修理)した画像です。

ベニヤ板を貼るだけなので仕上がりに違和感があると思っていましたが、そこまで気になるような違和感にはなりませんでした。

この仕上がりなら下台の交換ではなく、ベニヤ板の貼り付けを選択して良かったです!

違和感がない完璧な仕上がりを求めるなら、下台の交換をオススメします。

 



施工費を安く済ませる方法

自分で施工する

ホームセンターで化粧ベニヤを購入して、底板と同じ長さに切断します。

あとは両面テープで固定するだけです。

少し手間がかかりますが、化粧ベニヤ代などの材料費だけで済みます

化粧ベニヤは3千円くらいです。

 

注意点

赤枠内に2つのパイプがあると思いますが、これは水とお湯が出るパイプです。

このパイプが横から出ていれば問題ないのですが、画像のように底板から出ている場合は業者に依頼しないといけません。

なので、自分で施工することは困難です。

青枠内のパイプは排水パイプなので、外しても問題ありません。

 

最後に

ホームセンターのコメリに依頼しましたが、施工したのはコメリが委託した専門業者です。

なので、ホームセンターに依頼せず、直接リフォーム業者に頼めば中間マージンがなくなるので、もう少し安くなるかもしれません。