アニメ版「盾の勇者の成り上がり」を見た感想を簡単にレビュー

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸です^^

 

今回は、アニメ版の「盾の勇者の成り上がり」を視聴した感想を簡単にレビューしていきます。

盾の勇者の成り上がりは、ライトノベルが原作のアニメです。

ネタバレを含みますので、ネタバレが嫌な人は閉じてください

 

盾の勇者の成り上がりの詳細

掲載サイト小説家になろう
ジャンル異世界召喚
原作アネコユサギ
話数25話
アニメーション制作キネマシトラス・DRMOVIE
現在、シーズン2が放送されています

 

盾の勇者の成り上がりを見た感想

あらすじ

主人公の岩谷尚文が、異世界にある国家「メルロマルク」に盾の勇者として召喚されます。

他に、剣の勇者として天木錬、弓の勇者として川澄樹、槍の勇者として北村元康の3人も召喚されていました。

その使命は、世界に混沌をもたらす災い「波」を振り払うこと。

 

作画

作画は、キレイで見やすいです。

 

レビュー

ストーリー自体は、タイトル通りで悪くない。

ですが、主人公以外の召喚された3人の勇者が協調性なく、スタンドプレーが目立ち、イライラします。いや、かなりイライラします

特に、槍の勇者の北村元康に。

1~2人くらいならいいのですが、3人全員がポンコツってのがマイナス点です。

 

最大のつまらないところは、第1王女で王位継承権第2位のマインと王様の裁判のシーンです。

死刑判決が出て、刑を執行される直前に主人公が「死刑では生ぬるい」と言い、マインに「ヴィッチ・アバズレ」、王様に「クズ」という名前に改名されるシーンが茶番過ぎて、一気につまらなくなりました

マインと王様の策略で陥れられて殺されそうになっていたのに、あだ名を付けて終わりって・・・。

「つまらないなら見るな」という人もいると思いますが、見ないと評価できないので、全話見ています

 

こんな人にオススメ

  • 底辺から成り上がっていく作品が好きな人
  • ハーレム系が好きな人
  • 異世界アニメが好きな人
イライラするシーンが多いので、好き嫌いが分かれる作品だと思います。

 

評価点

評価点は、4点(10点満点中)。

 

盾の勇者の成り上がりを配信している動画配信サービス

現在、シーズン2が放送中です

 

最後に

一気に見る派なので、シーズン2はまだ見ていません。

あと、原作も見ていません。

個人的な意見ですので、悪しからず。