TCRエスティマのカッコよさを語る

こんにちは、車大好き人間の菊次郎丸です^^

 

エスティマは、トヨタを代表するミニバンです。初代のTCRは「天才たまご」とも呼ばれていましたね!

現在は、フルモデルチェンジをして3代目が販売されています。

自分は、TCRエスティマしか興味がないので、2代目と3代目は全く興味がありません。

そこで、TCR愛を語ります(笑)

 

TCRエスティマの詳細

メーカートヨタ
 発売期間1999年~1999年
 乗車店員7人・8人
 排気量2400cc
グレードG・V・X・アエラス
駆動方式ミッドシップ・4WD
馬力135~160ps

欧米向けのエスティマは「プレビア」と呼ばれていて、逆輸入して乗るツワモノもいましたね!

兄弟車種に、5ナンバーの「ルシーダ」と「エミーナ」も販売されていましたが、自分は全く興味がありませんでした。

 

愛車遍歴

当時を振り返る

自分が10代の頃は、空前の「VIPカー」ブームでした。大振りのエアロと爆音マフラーが主流の時代でしたね。

VIPカーと言えばセダンなので、当時はミニバンをイジっている人は少なかったです。

人気車種は、セルシオ・マジェスタ・シーマ・セドリック・グロリアでしたね。

エアロは、インシュランス・ギャルソン・ジャンクションが人気だったと思います。

人と被りたくなかったので、自分はホンダの「KA7レジェンド」に乗っていました。

 

エスティマの魅力にハマる

友達がTCRエスティマに乗っていて、TCRをイジるとここまでカッコよくなるのかと気付かされ、虜にされました^^

そこで、平成8年式のTCRを購入して乗りました。エアロは羽根にインパクトがある「ミツワ」を付けていました。

知っている人は分かると思いますが、ミツワの羽根はものすごく大きいのでインパクト大でしたね!

残念なことに、事故で廃車になってしまいました(´;ω;`)ウッ…

 

再び、TCRを購入

TCRよりカッコイイ車がないので、再び購入することにしました。

今回は、後期でグレードGを買うことにしたのですが、球数が少なく納得いくものが見つかるまで、1年もかかりました(;^_^A

後期は、平成10年・11年の2年間しか製造していない上に、グレードGが少ないので、かなり苦労しましたね。

Vやアエラスならすぐ買えたのですが、Gじゃないとダメなんですよね(笑)

大きな違いは、サスペンションが4独立かダブルウィッシュボーンです

 

改造内容

これが自分が乗っていたTCRです。なんだかんだで、改造費が500万円かかりました(;^_^A

シンプルなのが好きなので、オーバーフェンダーやネガキャンなどは全く興味がなく、手を付けていません。

エアロスピリッツ
マフラースピリッツ
車高調クスコ
アルミホイールラッツィンガー
外観(色)ダークレッドマイカクリスタルシャイン(LSの赤)
ステアリングイタルボランテ
内張り本革&アルカンターラ
オーディオアルパイン(ヘッド・アンプ)・カロッツェリア(スピーカー)・オーディオテクニカ(配線)・デッドニング
モニター6個
ヘッドライト・フォグランプHID
その他電球LED

 

最後に

全盛期は「ファーストエッグ」など、TCR限定チームが存在していて盛り上がっていましたね。

サンルーフがあると車高が高くなるからサンルーフ無し、スーパーチャージャーだと排気音が伸びるから嫌だとか、こだわりを持った人が多かったのを思い出します。

現在は若者の車離れが加速しているし、改造する人が少なくなっているので、改造車業界がどんどん衰退していって悲しいですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください