アニメ版の「キングダム」を観た感想を簡単にレビュー

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸です^^

 

今回は、アニメ版の「キングダム」を視聴した感想を簡単にレビューしていきます。

原作は読んでいますが、映画版は見ていません。

ネタバレを含みますので、ネタバレが嫌な人は閉じてください。

 

キングダムの詳細

原作原 泰久
アニメーション制作ぴえろ
話数103話
掲載誌週刊ヤングジャンプ
ジャンル歴史

 

キングダムを視聴した感想

あらすじ

時代は、中国の春秋戦国時代。西方の国「秦(しん)」で、戦災孤児として暮らしていた2人の少年「信(しん)」「漂(ひょう)」が、戦で武功を立てて、天下の大将軍を目指す物語。

 

作画

作画は、キレイで見やすいです。

ただ、シーズン1はCGアニメーションがメインになっているので、観にくいです。

 

レビュー

シーズン1はCGで構成されているで、観にくいのがマイナス点ですね。

シーズン2からは普通に見れました。

 

原作を愛読している立場から言うと、好きなシーンがカットされていたり、体の部位が切断されるシーンが変更されているのがマイナス点です。

シーズン2で蒙驁が廉頗に左腕を切り落とされるシーンがあるのですが、左腕にダメージを受けるだけの描写に変更されています。

そのため、シーズン3で急に蒙驁の左腕が無くなっているという違和感があります。

 

あと、信や嬴政(えいせい)などはイメージ通りの声でしたが、騰・楊端和・羌瘣などはイメージと違い過ぎました。

個人的には、楊端和の声は「クシャナ(ナウシカ)・ハマーンカーン(Zガンダム)」でお馴染みの「榊原良子さん」か、「メレオレオナ(ブラッククローバー)・コーネリア(コードギアス)」でお馴染みの「皆川純子さん」でやってほしかったです。

 

こんな人にオススメ

  • 主人公が底辺から成り上がっていく物語が好きな人
  • 戦国時代などの歴史が好きな人

 

評価点

評価点は、7点(10点満点中)

 

キングダムを配信ている動画配信サービス

現在、シーズン4が放送されています。

 

最後に

個人的な意見なので、悪しからず。