【随時更新】キングダムに登場する武将の強さランキングを作成

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸(@kikujiroumaru)です^^

 

週刊ヤングジャンプで連載中の「キングダム」に登場する武将の武力の「強さランキング」を独断と偏見で作成しました。

様々な意見があると思いますが、悪しからず。

単行本62巻までで、ランキングを作成しています。

まだ連載中なので、トップ10・実力未知数で分けています。

 

キングダムに登場する武将の強さランキング

10位 尭雲(ぎょううん)

尭雲は趙の将軍で、元三大天の1人「藺相如」の側近です。

藺相如は「智」「勇」を兼ね備えている大将軍でしたが、「武」は兼ね備えていませんでした。

それを担っていたのが、尭雲です。

 

つまり、かつての三大天藺相如軍の「武」そのものです。

知略を兼ね備えた本能型の武将です。

一騎打ちではありませんでしたが、王賁を瀕死の重体にしています。

所属
階級将軍

 

9位 王賁(おうほん)

王賁は、王翦の息子です。

プライドが高く少し嫌な性格なので、好き嫌いが分かれそうなキャラですね。

 

魏火龍七師で魏国最強の槍使いの「紫伯」と、趙の「尭雲」を討っています。

武力だけではなく、知略も兼ね備えている万能型の武将です。

所属
階級将軍

 

8位 麃公(ひょうこう)

麃公は、秦国の大将軍です。

李牧に「本能型の極み」と言われていることから、本能型の最強の武将だと思います。

 

李牧の「流動」を見破って、最終地点まで行ったときに「龐煖」が登場した時は絶望しました。

麃公の戦い方が好きだったので、もう見れないのは残念です。

所属
階級大将軍

 

7位 羌瘣(きょうかい)

羌瘣は、飛信隊の副長です。

 

麃公でも龐煖の腕を折るのが精一杯でしたが、羌瘣は指を切り落としてるので、麃公より強いと思われます。

ですが、巫舞にはドラゴンボールの界王拳みたいに時間制限があるのが弱点ですね。

時間制限がなければ、もっと上位にランクインしてもおかしくないと思います。

武力だけではなく、戦況を把握して策を講じる知略も持っています。

 

劉冬を討ったあとに逃げる体力がなく、信が助けに来て抱きついたシーンが良かったです。

あと、恋人つなぎや告白もしています。

今後、信とどうなっていくのか、気になってきましたね!

所属
階級五千人将

 

6位 李信(りしん)

信は本作の主人公で、戦争孤児の漂と出会い、大将軍を目指すことになります。

王騎が名付けてくれた「飛信隊」の隊長で、王騎から死ぬ間際に矛を託されます。

「岳嬰・趙峩龍・万極・輪虎・龐煖」などの将軍を倒しています。

 

龐煖を討っていますが、龐煖よりランキングを下にしている理由は以下の通りです。

龐煖は信との戦闘の前に足を貫かれ、左手の指を落とされているので、信と比べると状態が良くなかったと思います。

それに、戦闘後に意識不明になっているので、完全な勝利とは言えません。

そして、何よりも主人公補正感が否めません。

所属
階級将軍

 

5位 騰(とう)

騰は、秦国の大将軍です。

王騎が「本来あなたの実力は私に見劣りしません」と言っていたので、王騎クラスの武力と知略を兼ね備えていると思います。

 

登場するときの「ファルファルファル」の擬音がいいですね。

お茶目な性格な持ち主なので、人気も高いと思います。

所属
階級大将軍(新六大将軍)

 

4位 汗明(かんめい)

汗明は、楚国の大将軍です。

蒙武に討たれるまでは、1度も負けていない実力者です。

秦の六将の「王齕」にも勝ったことがあるのも、上位にした要因です。

お気に入りのシーンは「つまらぬだ」の顔です!

所属
階級大将軍

 

3位 蒙武(もうぶ)

蒙武は蒙恬の父で、秦国の大将軍です。

総合的なランキングならもっと下ですが、汗明を討ったことがランクアップの大きな要因です。

汗明を倒すまでは、良いところなしでしたからね(笑)

所属
階級大将軍(新六大将軍)

 

2位 龐煖(ほうけん)

龐煖は、趙国の三大天の1人です。

王騎・廉頗と同率1位でも良かったんですが、王騎に圧倒されたことがあるので2位にしました。

王騎の死後、深山で修業して「劇辛」「麃公」を討っていますが、朱海平原の戦いで信に討たれました。

所属
階級大将軍(三大天)

 

1位 廉頗(れんぱ)

廉頗は趙国の大将軍で、元三大天の1人です。

王騎と対戦した場面は描かれていませんが、話の内容的に同等の力の持ち主だと思うので、同率1位にしています。

信に「伝説の塗り替え」を教えたシーンが良かったですね。

所属趙・魏・楚
階級大将軍(元三大天)

 

1位 王騎(おうき)

王騎は秦国の大将軍で、六大将軍の1人です。

 

李牧が駆けつけて形勢が不利になり、魏加の矢を受けるまでは龐煖を圧倒していたので、やっぱり1位は王騎将軍じゃないでしょうか!?

龐煖が「死んだのは王騎だが、勝ったという手応えはない」と言ったセリフに対し、李牧が「でしょうね。内容的には、むしろ負けていた」と発言しています。

武力だけではなく、知略も兼ね備えた万能タイプの武将なので、最強は王騎将軍だと思います。

 

趙の侵略を阻止するために出陣したときに言った「全軍前進」のシーンがカッコ良かったですね。

あと、昭王の遺言を嬴政に伝えて「共に中華を目指しましょう、大王」のシーンも好きです!

所属
階級大将軍(旧六大将軍)

 

実力未知数の武将

楊端和(ようたんわ)

楊端和は、山界の死王と呼ばれ山民族を統一しています。

 

長老やフィゴ王が「腕力が桁違いに強い」と発言しているので、かなり強いと思います。

蕞を助けに来たときは鳥肌が立ちました。

あのシーンは何回見てもカッコイイですね!

 

バジオウと互角にやり合っていた、犬戎族の長兄ゴバを瞬殺する武力ですが、多勢に無勢状態だったとはいえ、やられてしまいましたね。

なので、もう少し今後の展開を見る必要がありそうです。

所属
階級大将軍(新六大将軍)

 

ランカイ

バジオウ・シュンメン・タジフと3対1で対等に戦っていたことを考えると、かなり強いと思います。

それ以外に、主な戦闘シーンがないので今後の展開次第ですね。

所属
階級なし

 

凱孟(がいもう)

凱孟は、魏火龍七師の1人です。

信が「本物」と発言しているので、武力は廉頗クラスだと思います。

知略がなく武力だけなので、蒙武と同じタイプですね。

所属
階級大将軍(魏火龍七師)

 

昌平君(しょうへいくん)

昌平君は秦国の総司令官で、右丞相です。

 

蒙武が上奏したときに蔡沢から「貴様より強い男がおるぞィ」と言われています。

さらに、介億からも「我が主は幼少期、あの蒙武より強かった」と言っているので、知略だけでなく武力も兼ね備えていると思います。

その証拠に、毐国のワテギを瞬殺しています

所属
階級右丞相

 

李牧(りぼく)

李牧は趙国の宰相で、三大天の1人です。

合従軍の画策をしているときに信と一騎打ちをしますが、その時に信を吹き飛ばしています。

信が言っている通り、知略だけではなく武力も兼ね備えていることが分かります。

所属
階級三大天・宰相

 

媧燐(かりん)

媧燐は楚国の大将軍で、宰相です。

知略は間違いなく、李牧クラスだと思います。

ただ、戦闘シーンが出てきていないので、武力は今のところ何とも言えません。

所属
階級大将軍・宰相

 

王翦(おうせん)

王翦は秦国の大将軍で、王賁の父親です。

知略は間違いなく李牧や昌平君クラス、もしくはそれ以上ですが、戦闘シーンが出てきていないので、武力は今のところ何とも言えません。

ですが、馬南慈・傅抵に挟撃されたときに戦闘しなかったので、武力はないかもしれません。

所属
階級大将軍(新六大将軍)

 

ゼノウ

ゼノウは、桓齮軍で最強の武力を持っています。

紀彗を一撃でフラフラにするほどの武力を持っているので強いと思いますが、その他に戦闘シーンが出てきていないので実力未知数ですね。

所属
階級将軍?

 

司馬尚(しばしょう)

司馬尚は、青歌城の城主です。

三大天の任命を断っていますが、任命されるくらいなので、かなりの実力者だと思います。

 

オルド率いる2万の軍を、5千の兵で対峙できるほどの強さを持っています。

まだ、少ししか登場していないので顔も出ていません。

今後が楽しみですね。

所属
階級城主

 

満羽(まんう)

満羽は、什虎城の城主です。

蒙武と互角を戦いをしていますが、今後の展開待ちです。

所属
階級大将軍

 

項燕(こうえん)

項燕は、楚の大将軍です。

筆頭武将なので、媧燐より上の将軍です。

 

本作ではまだ名前しか出ていませんが、個人的な予想では、知略と武力を兼ね備えた武将で、王騎・廉頗と同等か、それ以上の強さなのではないかと思っています。

所属
階級大将軍

 

キングダムに登場する武将の知略(軍略)ランキングはこちらに書いています

 



キングダムを読む

DMM.COMを利用すれば、電子コミックで読むことが可能です。

購入もレンタルもでき、レンタル期間は2週間で1冊80円と他社より安いです。

公式サイトで確認してみる⇒【DMM.com 電子書籍】