キングダムに登場する「呂氏四柱」の人物紹介

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸です^^

 

週刊ヤングジャンプに連載されている「キングダム」に登場する「呂氏四柱(りょししちゅう)」の4名を簡単に解説します。

呂氏四柱とは呂不韋を筆頭に、軍事を司る「昌平君・蒙武」、法を司る「李斯」、外交及び相談役の「蔡沢」のことを言います。

 

呂氏四柱の4名

蔡沢(さいたく)

蔡沢は昭王時代の丞相で、秦国の外交を担っています。

その外交力で合従軍のときには、斉を離脱させています。

斉王と政を会談させて、政から中華統一後の答えは「法治国家」になるという発言に満足してから、静かに息を引き取るシーンは印象的でした。

階級元丞相

 

昌平君(しょうへいくん)

秦国の軍総司令官と丞相を担う逸材です。

介億から「誇張して言うなら武力は蒙武級、誇張なしに頭脳は李牧級」と言われるほどの実力者です。

加冠の儀が終了した直後に呂不韋陣営から離反して、政陣営に加わりました。

階級軍総司令官兼右丞相

 

蒙武(もうぶ)

蒙武は蒙驁の息子で、蒙恬と蒙毅の父親です。

知略はありませんが、単純な武力なら秦国一の強さを誇ります。

合従軍戦では、楚の総大将「汗明」を一騎討ちで倒しています。

階級大将軍

 

李斯(りし)

李斯は法家で「法の番人」の異名を持ちます。肆氏からも「法の番人の異名は伊達ではない、奴こそ『法』の化け物だ」と評されています。

呂不韋が失脚したあとは牢屋に幽閉されますが、蔡沢の意思をくみ取った昌文君が説得して政に仕えます。

階級

 

三大天の人物紹介はこちらに書いています

 

キングダムを読む

DMM.COMを利用すれば、電子コミックで読むことが可能です。

購入もレンタルもでき、レンタル期間は2週間で1冊80円と他社より安いです。

公式サイトで確認してみる⇒【DMM.com 電子書籍】