キングダムに登場する趙国の「三大天」の人物紹介

こんにちは、漫画・アニメが大好きな菊次郎丸です^^

 

週刊ヤングジャンプで連載中の大人気漫画「キングダム」に登場する「三大天」の人物を簡単に解説します。

三大天とは、趙国が誇る大将軍で、秦国を代表する王騎・白起などの六大将軍と渡り合った豪傑です。

三大天には、新と旧があります。

 

旧三大天

廉頗(れんぱ)

武力と知略を兼ね備えた武将で、王騎と並び最強クラスの大将軍です。

趙の悼襄王と対立して魏に亡命しましたが、山陽の戦いで秦に敗れたために責任を取って、楚に亡命しています。

階級大将軍

 

藺 相如(りん しょうじょ)

「智」「勇」を兼ねさえていますが、「武」を持ち合わせていなかったので「藺家十傑(りんけじっけつ)」と呼ばれる十将が武力を担っています。

全盛期のときに病に倒れ病死しました。

階級大将軍

 

趙奢(ちょうしゃ)

趙奢は名前しか出てきていない人物なので、名前以外は何も分かりません。
階級大将軍

 

新三大天

李牧(りぼく)

王騎を討ち取るほどの知力の持ち主です。

信を吹き飛ばすほどの武力を持っていますが、主だった戦闘シーンがないので武力に関しては実力未知数です。

李牧は楚の「項燕」と並び、秦国の最大の強敵です。

階級大将軍

 

龐煖(ほうけん)

李牧の策が手助けになっていますが、王騎を討ち取るほどの武力の持ち主です。

武力に関しては最強クラスですが、知略に関しては全くありません。

階級大将軍

 

三大天候補

司馬尚(しばしょう)

司馬尚は青歌城の城主です。

李牧から三大天に任命されましたが、を断っています。

2万のオルド軍に対して5千の兵で互角の戦いをし、オルド軍を撤退させるほどの実力を持っています。

三大天に任命されたのも納得ですね。

階級城主

 

最後に

新三大天は司馬尚が断ったので、今のところ2名です。

残りの1名は今後の展開待ちです。